Windows7 のインストール用USBメモリを作成する方法

ノートPC(Thinkpad T43)のDVDドライブが壊れてしまい
DVD-ROMからOSインストールができなくなってしまったので
USBメモリからWindows7をインストールする方法をメモ

 
 

基本的な手順としては
1.起動用USBメモリの作成
2.BIOSのブート設定変更
3.Windowsの設定開始(ドライバ等)
になる。
できるとこまでやってみた。

 

1.起動用USBメモリの作成
これは、USBメモリを起動用にフォーマットすれば良い
が、通常の方法ではできない。

 
 

簡単に行う方法は、

 

Windows 7 USB/DVD Download Tool
というソフトがマイクロソフトから配布されているのでこれを使う。

 

適当にググってDL。
インストールし起動すると
OSのISOイメージファイルを選択せよ
と出るのでイメージファイル保存先のパスを指定。

 

次に
インストールメディアを選べと出るので
「USBデバイス」
を選ぶ。
フォーマットが始まる。・・・がここでエラー。
何回やってもエラー。
ググるとGizmo DriveでISO化するといけるらしい。
なんでか知らんがGizmo Driveでやってみよう・・・。
・・・ダメだ。
わからん。
調べたところどうやらISO 13346(UDF)でイメージを作成しないとダメなようだ。
吸い出しソフトの調査をするなら違う方法試してみよう。
そのほうが早そう。

 

WiNToBootic を使ってみる
・・・これもダメ。
このUSBメモリがダメな気がする
今日は断念。

 
 

追記
4GBのUSBメモリでやったらあっさり成功。
32GBは対応していない模様。

 

確かに
DVD-R drive or 4GB removable USB drive
と書いてあるけど、フツー4GB以上だと思うんじゃね。
4GBにしか対応してないとは思わないよね・・・・

 

今回の
☆重要ポイント☆
Windows 7 USB/DVD Download Tool には利用できるUSBメモリに容量の制限がある(たぶん4GB)


-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA