PCをアップグレードしようとしたら、インテルのCPUが高すぎた

マイニングのせいか円安のせいかは解らないが、2017年中旬くらいから高騰していたPCパーツが、最近やっと値下がりしてきた。

これはチャンス到来。PCのアップグレードをしよう・・・と思ったら、インテルのCPUが、かつて無いほど爆値上げしていた・・・

AMDのCPUをメインにアップグレードを考える。

PCのグレードを決める

PCは上を見るとキリがない。ドンドン高価になってしまう。個人利用をメインとし、考えたパターンは2つ。

パターンA とにかくコスト重視

事務作業が余裕でできるPC。要はサブマシンを入れ替える案。

軽いゲームが動かせればなお良い。ミドルクラス以上のゲームは諦める。

パターンB ワンクラス上の作業PC

2018年末時点において、たいていの事はそれなりになんとかなるPC。要はメインマシンを入れ替える案(ガチゲーマー向けPVP性能は不要)。

具体的にはQGISやBlenderあたりがそこそこ快適に動く。 グラボを別途用意する。

最先端ゲームは諦める。設定を入れて30FPS程度出れば良し(参考過去記事 RX570+i7 3770だと、アサシンクリードオデッセイがフルHDの「高」設定程度までいける)。

必要なパーツを洗い出す

自作erには、毎回買わなくても良いパーツがある。先に除外したい。

流用するパーツ

アップグレードでは過去のものが流用できる。これが自作PCのキモであり最大の利点。

マウスとキーボード

お気に入りのヤツをそのまま使えばOK。

ケース

アップグレード前提なら以前のものが気にせずそのまま使える(BTXは別だが、そんなもん買うヤツ居ない)。今回は部屋の隅に転がってるATX(NEC Expressサーバ)ケースを利用する予定(電源換装済み)。

光学ドライブ(DVD)

もはや要らないと思うが・・・必要な時だけ付ける運用(たぶん必要ない)。

OS

流用というか、とりあえずUbuntuでも入れておく。

既にパッケージ版を持ってる人はwindows10を入れれば良いが、新規購入については現状、個人的にあまりオススメしない。

無償アップグレード版はもちろん、DSP版、OEM版は購入者ではなくハードウェアにライセンスが付いているため、自作派向きではない

パッケージ版以外はマザーを交換すると認証できない可能性がある。

アカウント紐づけは関係ない(でもまぁ・・・なんというか未だにUP出来ないことは無いので・・・そして自作派ほぼ全員、対象ライセンス持ってるはず、グレーっぽいが)。

従ってパッケージ版を買うしかない・・・が高いし、たとえ購入したからといっても、いつまで利用できるかはMS次第である。

個人的に自作派は、そろそろ本格的にWindowsを見限る準備をしておいた方が良いのではないか。

もはやWindowsに残されたのはゲーム(ハイエンドの)しか無いだろう。だが、Steamも徐々にLinux対応に向かっているため、Windowsが要らなくなる日は近い・・・ような気がしてならない(そのための措置からUP継続してるのではないか)。

購入するパーツ

必要なパーツは以下のとおり

  • CPU
  • マザーボード
  • メモリ
  • ストレージ(SSD)

流用アップグレードの場合、これらの購入のみで完成する。

ワンクラス上を狙うと+グラフィックボードが必要(なお今回はRX570を買ったばかりなので不要)。

個別パーツのグレードを決める

BTOやメーカーPCと一緒。性能を盛る部分をどこにするか、という話。

コスト重視パターンは、グラボ無しでも動く構成を選ぶのが基本だ。

しかし、グラボの追加は予定しておいた方が良い。今後、GPGPU対応ソフトが増えそうな予感がするから(重いソフトは特に)。

というより、ここ数年でそういう重い作業(ゲーム、画像&動画編集系)以外ではデスクトップPCが完全に不要になる可能性が高い

既にネット閲覧用途なら完全にPCなどいらない時代に突入している。そういう用途なら安いタブレットかN4000あたりを搭載した小型ネットブックを買うべき。

CPUのグレード

全てに影響するため、最初に決める。

A コスト重視パターン

Athlon 200GE にする

前述のとおり、GPU統合モデルは必須。

本来、2コア4スレッド4MBキャッシュ化されたPentium(Coffee Lake)がベストと思う・・・が、インテルの誤算?により供給不足に陥っているため、軒並み在庫が無い。あっても凄まじく高い。

2018年12月中旬現在、Core i3 8100以下の在庫が異様に薄い。 たまにG5400もあるが、9000円程度する。

G4400あたりなら在庫はあるようだが、謎の高価格帯。過去購入した時(2017年1月)は6200円だったが・・・保守用にしても高すぎる。

ということで、コスト重視の場合、Athlon 200GEしか選択肢が無かった(価格が下がればAM4のAシリーズもアリ)。

7000円前後でソコソコのグラフィック性能も期待できる。在庫が多いのも魅力。初代i7並の性能はありそうなのでパワーは十分。

本当に、現在インテルのCPUが高すぎる。2018年の夏くらいまでは、Pentium Gold G5400が7000円くらいだったのに・・・まぁ、代わりにメモリが超高かったが。

B ワンクラス上の作業PCパターン

Ryzen 5 2600 にする

Core i3の最上位かi5あたりにしたいところだが、ほとんど在庫が無い。そして異常に高い。Core i3 8100(4コア4スレッド6MBキャッシュ)が、16000~17000円程度で売られている。

一方、AMDは比較的在庫があるようだ。Ryzen 5 1400(4コア8スレッド10MBキャッシュ、グラボ別途必須)が16000円前後。

これではグラボを持ってる人は、絶対にCore i3 8100を買う事は無いだろう・・・

しかし、Ryzen 5 1400は中途半端感が否めないし在庫も薄い。いっその事、6コア12スレッド19MB キャッシュ (3+16)のRyzen 5 2600を買ってしまった方が良い。

実売24000円程度するが。対するCore i5-8400が30000円くらいするので・・・Core i5に3万出すというのはチョット・・・

コスト重視→ワンクラス上化もアリ

Athlon 200GE Ryzen 5 2600 共にSocket AM4だから、コスト重視のAthlon 200GEを買っておいて、値段が下がった後にアップグレードする。という考えもアリっちゃアリ。

まぁどうせ、下がる前に次世代に突入してしまうんだろうが・・・

後日談 結果的には次世代突入前に瀑値下げ
Ryzen7 2700を購入 今あえて無印を選ぶ理由 など

マザーボードを検討

Socket AM4のチップセット(グレード)はいくつかある。細かい差が存在するためAMDサイトを確認、検討した結果は以下の通り。

→AMD公式

X470

最高を求めるオーバークロッカーやヘビーユーザー向けの最も高度な最新ソケットAM4プラットフォーム・・・

AMDサイトより

これは要らない。

X370

堅牢なプラットフォームを必要とするオーバークロッカーやヘビー ユーザーのために・・・

AMDサイトより

これも要らない。

B450

柔軟性とオーバークロック制御を重視するが、マルチGPU構成で必要とされる最大PCIe®帯域幅は必要ないというパワーユーザーに最適です。・・・

AMDサイトより

オーバークロック制御は重視してない。てかマルチGPUとか絶対に要らない。電源足りないから。

B350

柔軟性とオーバークロック制御を重視するパワーユーザーに最適ですが、マルチGPU構成に必要な最大PCIe帯域幅は必要ありません。

AMDサイトより

オーバークロック制御は無くてもいい。

A320

「単に仕事をする」ためにPCを必要とするプラグ アンド プレイのユーザーには、シンプルで安定した・・・

AMDサイトより

それな。単に仕事するだけな。求めるのは安定です(どっかで聞いたことあるなこのフレーズ・・・)。

X300/A300

最小形状を評価する顧客を満足させるため・・・

AMDサイトより

もはや結論は出た。

・・・ということで、A320で十分。将来性まで考えればB350、B450ならなお良し。

チップセット選びの注意点

検討していて気づいたことが、いくつかある。

PCI EXPRESS GEN3のレーン数

Ryzenが1×16を、Aシリーズ/Athlonが1×8をもっている。つまり、マザーボード側の対応はどうでもいい

GEN3のx8でも、GEN2のx16相当、双方向約16GByte/secは確保できる。VEGAやRTXの最上位モデルを買わない限り、不足する事にはならないだろう。

ただし、Athlon 200GEは速度とIFに制限がかかるマザーがあるので注意(それでもたぶん足りるとは思う)。

SATA ポート数

イマドキそんなにポートは要らない。複数台搭載するなら、安売りサーバーでも買って、別途Sambaを構築した方が良い。

速度を求めるにしても、A320ですらx4 NVMeに対応してるため問題なし(同じくAthlon 200GEは制限されているマザーが多いようだ)。現状、SATAでも十分だと思うが。

この辺まで検討した感じでは現状・・・ASRockのAB350M-HDV が候補。ウルトラ M.2対応でB350、SATAの配置が2方向あって良さげ。実売6500円というのも良い。

UEFI(BIOS)のAthlon 200GE対応

Athlon 200GEを購入する場合は重要。

出たばかりなので、対応していない可能性がある。CPUが認識せずBIOS画面も出なかったら終了。ボードRevの確認ができないネット通販で買う難易度は高め。

CFD

ASRockマザーボードにおけるAMD Athlon 200GE使用時の映像出力に関するお知らせ

MSI

弊社マザーボードにおける AMD ATHLON 200GE プロセッサ使用時の制約について

など。この辺を確認しながら最適解をチョイス。

メモリを検討

共にDDR4だが、最大メモリ速度が異なる。

  • Athlon 200GE 2667MHz
  • Ryzen 5 2600 2933MHz

2933MHz (3000MHz) 対応の8GB(4GBx2)を買いたいところだが、まだ高い。 2667MHz で我慢しておく。

現状では ADATA AD4U2666W4G19 (7000円前後)でいいんじゃなかろうか。先ほどのASRockのメモリサポート表にも載ってるし。

ストレージを検討

SSDは240GBあれば十分。最安のヤツでオッケー。

後からどうにでもなる。

合計額

以上のパーツセットを買うとこうなる。

※価格は2018年12月20日現在。

A コスト重視パターン

  • CPU
    AMD Athlon 200GE BOX
    約7000円
  • マザーボード
    ASRock AB350M-HDV
    約6500円(CFDサイトによれば2018/5/9のP4.80以上必須の予感)
  • メモリ
    ADATA AD4U2666W4G19
    約7000円
  • SSD
    KLEVV NEO N500 240GB
    約4000円

合計 約24500円

B ワンランク上のパターン

  • CPU
    AMD Ryzen 5 2600 BOX
    約23300円(グラボ追加必須)
  • マザーボード
    ASRock AB350M-HDV
    約6500円(公式によれば、
    2018/3/6 のP4.70以上必須)
  • メモリ
    ADATA AD4U2666W4G19
    約7000円
  • SSD
    KLEVV NEO N500 240GB
    約4000円
  • グラボ
    MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G OC
    約21000円(8pin必須 購入済)

合計 約61800円

まとめ

けっこう高い・・・参考までにドスパラの GALLERIA RH5 が約90000円 (ほぼ同スペックでグラボがGTX1050Tiになったもの+電源、ケース、マウス、キーボード付き、OS抜き )

保証などを考えたら、自作するメリット無いなコレは・・・

まぁ要するに、趣味だ・・・コスト重視パターンで、更にSSD&メモリまで流用しない限り、現在自作のメリットは薄い事が判明した。



-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA