マウス(ロジクールG300)のチャタリングを中古マウスとニコイチ化して治す

3個持っているロジクールG300。そのうちの1つ(初期モノ保障切れ)が最近チャタリングを起こしてきた。

マウスごと買ってもいいが、治してみたという話。

左クリックのマイクロスイッチを交換する

とりあえず分解。細かすぎてピントが合わずよく見えないが、

m300

オムロンのD2F-01というマイクロスイッチ6個が使われている。

この部品を買うのがベスト。でも送料が高い。その辺に転がっているマウスのものを流用することにした。

ドナーはHPのサーバーに付属していたPS2の古いボール式マウス。分解すると「Kailh」の刻印がある同形状のものが使われていた。

この製品は中国の東莞市に本社を置くKaihua Electronics(凯华电子)が製造したもののようだ。

この辺(Kaihua)とか

この辺(omron)

で適当に拾ってきたカタログのスペックによると・・・まぁ何というかほぼ同じ(パクリ)。

これならイケそう。

スイッチ移植

マウスから右クリック用のスイッチを、半田ごて&半田吸取線を使って外す。

外したスイッチをG300へ移植すると・・・あっさり治った。クリックが固くやや無骨なものになったが動作は全く問題ない。

なんだ、簡単に治るじゃん。今度からコレで行こう。

使った工具

0番付近のプラスドライバー&マイナスドライバー。例えば、こういうのがあれば使える。

精密ドライバーセット(アマゾン)

 

半田ごては、急速加熱可能なこれを使ってる

白光プレスト No.984-01(アマゾン)

半田吸取線も必須

goot はんだ吸取り線(アマゾン)

あとは気合のみ。



-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA