激値下げしたRX570を購入→3タイトルゲームをGET

マイニングが終焉したせいか、Geforce RTXが出たせいか、RADEONがオワタ? 前兆なのか定かではないが、最近RADEONが急激に値下がりしている。

先日、深夜にドスパラのWEBを見てたら、MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G OCが17980円だった。謎の詫びクーポン500円分配布中という、ドスパラの戦略?に丸乗っかりして、ついポチる。

気づいたことなどをメモ。

  • 旧世代マザー対応が怪しい
  • MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G OC 超静か
  • ゲームGETの・・・障壁が大

旧世代マザー対応が怪しい

管理人のメインマシンは未だIvyBlidge。しかもAcerのBTOモデル(M3985)というグラボ増設には危険極まりない(相性が出やすい)モデル。グラボとマザボのリリースの差は5年。常識的に考えると、動かない可能性は高め。

まー、現状でUEFI対応のGTX750Tiが動いてるので大丈夫だろ・・・ということで、勢いに任せて購入してしまった。なお、GTX750Tiは初期BIOSでは動かなかったと記憶してる。あんま居ないと思うけど、同じ構成で増設する人は、BIOSバージョンP11-B1に上げてからグラボを差した方が良い。

あと、このマザー、PCI Express Gen1.1っぽいので、16レーンフルでも帯域が足りないかもしれないRX Vegaだと、もう明らかに足りないと思う。(CPU寄りスロットで3.0 x16動作を確認)

この世代がギリ。ここで買っておくしかないというのも購入理由の一つ。

ドスパラ発送、速すぎ

ポチッって次の日に到着。マジでアキバのPCショップは、もうイラナイと思う。

さっそくマシンに装着(BIOSは事前にverアップしておいた)・・・このマシンで8ピンを使うことになるとは・・・

電源オン・・・認識。問題なし、かと思いきや、再起動するとなぜかブートエラーが出る。BIOSを初期値に戻してもダメ。ブート順を変えてみたりしてもダメ・・・これはRYZENとマザーを追加購入か・・・

と思いきや、Secure Bootを無効化した後、F12押下してブートマネージャーに入り、OSが入っているSSDを手動で指定したら起動。その後問題なし。Acerの仕様は謎。

MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G OC 超静か

追加電源モデルなんて買うの超久しぶりだ。HD6850が最後だったと思う。まぁけっこうウルサイのかな・・・とも思ったけど、超静かだった、というか無音。ファン回ってない。

ボードの作りも良いし、MSIの技術力、メッチャ上がってる。実にいい買い物だった。

更に、さっきドライバ拾いにいった時に気づいたが、ゲームが3タイトル付いてくるらしい。これで17480円は超買いだ。メルカリで大量放出されてる中古のボードを買わなくて良かった。マイニング終了様様。

とりあえずソッコーで限界を調査。アフターバーナーで1500Mhzブッコム・・・画面乱れた。1400Mhzあたりが無難らしい。メモリは2000Mhzくらいでも安定。

TIME SPYが割とフツーに見れるようになったのはデカイ。あの水晶みたいなのは、ドラゴン的なヤツだったのね・・・

アイドル時の消費は10W割ってるから、普段使いにも十分アリ、これであと5年はイケそうな気がする。

ゲームGETの・・・障壁が大

販売時には何も書いてなかったが、前述の通り対象製品を買うとゲームが貰えるキャンペーンをやっている(2018年8月7日~11月3日)。Assassin’s Creed ODYSSEY(→参考amazon)Star Control: Origins(→参考steam)Strange Brigade(→参考steam)が貰える(ナント150$相当)。対象はRX VegaとRX580、RX570の特定モデル。MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G OCは対象。

激安売りのボードだったから貰えない気もするが、ダメ元でGETしに行ってみた。したら、何段もの障壁が待ち構えていた。顛末をメモっておく。

障壁1 MSIのユーザー登録

まず、MSIサイトで製品の登録が必要。管理人は数万円以下の製品の場合、初期不良以外の保証なんて割とどうでも良い派。なので、このテのヤツに登録したことが無い。メンドクサイけど登録・・・

障壁2 シリアル番号がボードに書いてある

登録していくと、色々と各種情報を求められる。が、シリアル番号(のコードの一部)がボード本体に書いてあるという罠。従ってケースを開けなければならない。専用アプリからのハッシュ値送信とかじゃダメなのだろうか。まぁこの方がセキュリティは高いが。

障壁3 レシート等のアップロードが必要

サラっと「スクショをアップしろ」と言ってくる。しかも容量、形式の制限あり。この時点でライトユーザーは無理。諦める可能性は高い。管理人はsnipping toolで適当に切り取ったあと、圧縮かけてアップロードしたが。フツーの人、割とできねぇと思うよ・・・

障壁4 更にAMD側の登録も必要

コード発行完了。これでやっと、Steamのコードをくれるのか。と思ったら、まだ先があった。更にAMDの登録画面に飛ばされる。しかもこのキャンペーン専用サイトに

またユーザー登録するのかよ・・・めんどくせーな。

障壁5 個別対応が必要

よしコレでオッケー、さぁSteamのコードくれ。・・・と思ったら、エラー。個別対応が必要だからサポートに連絡してね。だと。しかも、また購入証明書が必要。

オイコレ、コードくれる気ねーだろ。ココで6割諦めると思う。が、チョットムカついたので意地になり連絡。さっきのを添付して送信。

障壁6 英語で返信が必要

返信が帰ってきた・・・英語で。なんだこれは。ライトユーザーは9割諦めると思う。しかも、「オマエの根性ナイス、感謝」みたいなこと書いてあるし(Your patience and patronage is most appreciated.)。

要求された書類を全部添付して送信したら・・・やっとアクティベートされて、Steamのコードが出てきた・・・

障壁7 容量が馬鹿デカイ

Assassin’s Creed ODYSSEYだけUplay。あとはSteamだった。早速ゲームを有効化してダウンロード・・・

Star Control: Originsは7.5GBくらい。Strange Brigadeは23GBくらい・・・でけーよ。しかし・・・

Assassin’s Creed ODYSSEYは43GB

・・・デカすぎるだろ。イヤ、コレHDDじゃロードがクッソ長くて無理じゃね? ゲーム用にSSD買う感じかぁ・・・

まぁとにかく、ゲームはちゃんと貰えたので満足。ゲーム用SSDを導入するまで放置かね・・・



-

「激値下げしたRX570を購入→3タイトルゲームをGET」への1件のフィードバック

  1. グラボのことをみにきたのに、ゲームのゲットの障壁のあまりの高さに笑ってしまいました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA