Alder Lake出たのでRocket LakeのPC自作を検討しておく 年末年始特価セール狙いで

最後にPCを組みかえた2019年末から、早2年。

やっとインテル10nmプロセス(Alder Lake)出たし、そろそろ組み換えの検討しても良い頃合い。

だが、やはりというか何というか、爆熱っぽい雰囲気があるAlder Lake。とりあえず2021年末の今、このタイミングとしては様子見しておき、今後在庫処分されるであろう前世代を狙う感じで検討しておこう。

という個人的なメモ。

現在の構成を晒す

現在動いているPC(入れ替え候補)はこれ。

メインPC(2018-2019モデル)

  • CPU  AMD Ryzen 7 2700(ZEN+ Pinnacle Ridge)
  • マザーボード B450
  • メモリ DDR4‐3200 32GB
  • ストレージ PCIe3.0x4 NVMe 512GB
  • グラボ Radeon RX 570 8G
  • 電源 650W
  • ケース Thermaltake Versa H17

定格でCINEBENCH R23が9000、PassMarkが15000程度。消費増税還元祭りに乗っかり、2019年当時総額57000円で完成(グラボ込みOS除く)。今思うと、驚異のコスパ。

サブPC(2012-2013モデル)

  • CPU core i7 3770(Ivy Bridge)
  • マザーボード B75
  • メモリ DDR3-1600 32GB
  • ストレージ SSD SATA3 120GB
  • グラボ GeForce GTX 750 Ti(GDDR5 2GB)
  • 電源 500W
  • ケース ACER M3985

定格でCINEBENCH R23が3600、PassMarkが6300程度。寄せ集めて完成したため、原価算定不能。9年前だが、まだいけるという凄さ。

ストレージ兼用サブPC(2015-2016モデル)

  • CPU Pentium G4400(Skylake)
  • マザーボード H110
  • メモリ DDR4-2400 8GB
  • ストレージ SSD120GB+ HDD 4TBx3
  • グラボ なし
  • 電源 400W
  • ケース NEC鼻毛鯖

PassMarkが1800程度と性能はショボいが、一応14nmプロセス製造のため、古い割には低消費電力かつソコソコのパワーがありファイルサーバーには最適。当時総額22000円くらいだった。

他にも ブルのOPTERON、DELLのサーバー、Sandyのi5(なぜか2台)、ノートPC数台あるが、あまり電源は入れてない。

同じような人、けっこう居そう

この程度前後のスペックで2~3台体制の人(ZEN~ZEN2+Sandy~Haswell)が、古くからの自作erにはけっこう居るのではないか。というか、ワッパ考えると、このあたりが自動的に残ってるのではないだろうか。

PhenomX4やCore2Quadあたりは、さすがにもうサブのサブでも無いだろうし、Ryzen前のAMD-FXや、Core iシリーズ6~9世代あたりは余りにも微妙すぎたので・・・

あえてインテル10、11世代を狙う

2021年11月4日、ついにインテル12世代のAlder Lake(10nmプロセス)が出た。

高性能コア+高効率コアのハイブリット構成になり、ワッパ爆上げでAMDに戦いを挑む模様(でも、よく見たらPL1-125Wなんだが・・・)。

ということは・・・年末~春にかけて10、11世代の処分が加速する・・・のではないかと予想している。

この世代、型落ちとはいえ、6世代以降ではかなり良い部類だと個人的には思う。特に10世代からHT有効化された4コア8スレッドのi3(Comet Lake)、TDP制限(PL)解除したら一撃の性能を爆上げ可能な11世代のi5(Rocket Lake)が狙い目だと感じている。

のだが・・・

でもRyzen 7 2700が地味に速い

Core i5-11400Fの性能をグーグルに聞いたところ、リミッター解除(PL解除、実質OC)して、CINEBENCH R23が10000、PassMarkが17000程度な模様(ネット上の複数人の報告による、だいたいの値)。

でも爆熱と引き換え。150Wとか、基本リテールクーラー派の管理人的には有り得ない。

一方のRyzen 7 2700は前述のとおり、定格でCINEBENCH R23が9000、PassMarkが15000くらい出る。ここから社外クーラーでOC(電圧盛って130Wクラスに)したらCore i5-11400F超えるのは確実。

いや、純正のWraith SPIREでも設定詰めたらギリで超えるかもしれぬ。Wraith SPIREかなり優秀だし。

つーことで、管理人的にCore i5-11400Fは調査段階にて要らない子に認定

まあしかし、2021年11月現在で実売2万円切ってるし悪くはない。2019~2020年に開催された、Ryzen7 2700 が19000円からの1600AFが1万で出たー、的な「ZEN+投げ売り祭り」に乗り遅れた人は、この機会に狙っても良いのではないか。

個人的には15000円切ったら買いかな、とは思う。マザーセットの年始特価で、出そうじゃね? 的な。

インテルがソケット変更ビジネスして無ければ、ソッコーで在庫消えたと思うけど、このご時世(グラボ高すぎて自作需要が弱い)と、このスペック(ハイエンド層は絶対に買わない)だと、けっこうしぶとく売れ残るんじゃないかね。

つーかインテル、14nmプロセスに移行したとき、最初からLGA1200にして電圧盛れる仕様にしとけって話だよ。ホント、あの手法はクソ。ハイエンドのマザー買う気が完全に失せる。7700Kとハイエンドマザー買った人とか死亡すぎて激おこだろ。知らんけど。

狙い目は10世代のi3か

10世代は9世代以前とは異次元レベルに違う。

なぜならi3が4コア8スレッドになったからである。7世代のi7を超えちゃってるというインテルの焦り(7700何だったの、マジで酷い・・・)。

このインパクト、個人的にかなりの買い圧力がかかった。しかし、i3ではメインPCとのポジション入れ替えは不可能。必然的にサブ機との入れ替え候補になる。

2021年11月の今、買える構成はこうなる(おそらく10世代の検討は最後になるだろう)。

  • CPU core i3 10100
    約14000円(在庫薄い、ヨドバシは12月中旬に入ると記載)
  • マザーボード PRIME B560M-K
    約8500円
  • メモリ W4U3200CM-8GR DDR4-3200 16GB(8×2)
    約7000円
  • ストレージ XPG SX6000 Lite 512GB(NVMe)
    約5500円
  • グラボ 不要だが、750Tiを流用しておく
    0円
  • 電源 流用
    0円
  • ケース 流用でなんとかする(ドリル、サンダー、半田付けも辞さず)

約35000円

※8GBメモリ(4GBx2)の割高感がありすぎて、もう無理。4500円で2666買うなら、7000円で3200買っとくべき。あと、Core i3 で「F」がある意味不明。GPU付は必須。SSDはNVMe化の恩恵がどこまで有るのかは謎だが、もはや必須(たぶんほぼ無い)。

そこまで速くはない10100

性能をグーグルに聞いたところ、Core i3 10100の能力は、定格でCINEBENCH R23が5500、PassMarkが9500くらいな模様。

現在サブ機であるcore i7 3770比で、単純に1.5倍か・・・

いやはや微妙

約35000円でサブ機1.5倍マシは微妙だ。

Difficulty Bombの投下(グラボ暴落)を待って、RTX3060あたりでも買ったほうが良いな。もうどうせ暴落の日は近いだろ(と予想してる)。

2022年 価格が暴落するグラボを勝手に予想する



-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA