消したい広告って何だろうか?

ネットを徘徊しているとウザイ広告に出くわすことがある。

大手であるgoogleの配信でさえ、たまに見る。ここで活用したいのが、googleの「特定の広告のブロック」機能。右上の「×」を押すと出てくる、

「この広告はgoogleにより終了しました」

ってヤツだ。ソッコーでコレ行きの広告の条件について考えてみた。

情報商材

ダメすぎて逆に潔さすらある。

改めてよーく、考えてみよう・・・広告により不特定多数にバラまかれている情報に金を出す価値などあるのだろうか?

個人的には、情報商材≒宗教だと思っている。

販売元が怪しい物販

金銭の授受をするのに販売元の住所と責任者が書かれていないサイト。よく見ると実はけっこうある。ネットだと感覚が麻痺しがちだが、これは

「路上の怪しいオッサンからiPhoneを買ってる」

ようなもんだ。

いや、路上のオッサンとはそれっきりだからまだマシだ。通販は住所氏名を入力しなければならない。

あなたは、路上の怪しいオッサンに住所氏名を教えるのか?

アダルトチック

別にアダルトの広告は有ってもいい。しかし中には、カテゴリーをアダルトにすると一般サイトに配信できなくなるから

ギリギリで規制されないキワドイ表現

になっているものがある。堂々とアダルト広告にしてしまえば良いのに、逆にタチが悪い。

謎の比較(ランキング)サイトへ誘導

比較(ランキング)と言いながら、よく見ると

全部広告

という、内容がほとんど無いサイト。けっこうな大手がちゃっかり運営してることもあったりして闇が深い。利用者として比較検討している個人ブログは応援したいが、そういうところはそもそも広告など出してない事が多い。

恐ろしいまでのペラサイトへ誘導

サイト構成が1ページしかない。要するにコンテンツが、

単一の広告

しかない。販売元のグループ会社や提携先が作っているのなら、まだマシだが中には

根拠の怪しいランキング&運営者情報無し

という究極コンボを使ってくる業師がいる。運営者が広告主からBANされないか逆に心配になってしまうほどだ。

PUA(やアドウェア)の誘導

PUA(不要なアプリケーション)かの判定は難しい。しかし、ほぼ国外のソフトだ。そもそも民主主義国家の先進国でそんなものを運営していたら、スペシャル級のバッシングにあう。従って、見分け方は

変な日本語

である。広告費を支払うより、良い翻訳者を雇うのが先なのではないかとツッコミを入れたくなってしまう。

もしかすると、自動翻訳AIの実験なのかもしれない・・・というのはさすがに深読みしすぎか。

×を押しまくれ

ふざけた広告にはバシバシ「×」を押そう。そうすれば徐々に、外車の試乗会とか数量限定販売(マジなヤツ)などのナイスな広告が出るようになってくるはず。

たぶんね・・・



-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA