Windows7 のインストール用USBメモリを作成する方法

ノートPC(Thinkpad T43)のDVDドライブが壊れてしまい
DVD-ROMからOSインストールができなくなってしまったので
USBメモリからWindows7をインストールする方法をメモ

 
 

基本的な手順としては
1.起動用USBメモリの作成
2.BIOSのブート設定変更
3.Windowsの設定開始(ドライバ等)
になる。
できるとこまでやってみた。

 

1.起動用USBメモリの作成
これは、USBメモリを起動用にフォーマットすれば良い
が、通常の方法ではできない。

 
 

簡単に行う方法は、

 

Windows 7 USB/DVD Download Tool
というソフトがマイクロソフトから配布されているのでこれを使う。

 

適当にググってDL。
インストールし起動すると
OSのISOイメージファイルを選択せよ
と出るのでイメージファイル保存先のパスを指定。

 

次に
インストールメディアを選べと出るので
「USBデバイス」
を選ぶ。
フォーマットが始まる。・・・がここでエラー。
何回やってもエラー。
ググるとGizmo DriveでISO化するといけるらしい。
なんでか知らんがGizmo Driveでやってみよう・・・。
・・・ダメだ。
わからん。
調べたところどうやらISO 13346(UDF)でイメージを作成しないとダメなようだ。
吸い出しソフトの調査をするなら違う方法試してみよう。
そのほうが早そう。

 

WiNToBootic を使ってみる
・・・これもダメ。
このUSBメモリがダメな気がする
今日は断念。

 
 

追記
4GBのUSBメモリでやったらあっさり成功。
32GBは対応していない模様。

 

確かに
DVD-R drive or 4GB removable USB drive
と書いてあるけど、フツー4GB以上だと思うんじゃね。
4GBにしか対応してないとは思わないよね・・・・

 

今回の
☆重要ポイント☆
Windows 7 USB/DVD Download Tool には利用できるUSBメモリに容量の制限がある(たぶん4GB)

Seesaaブログのテンプレートの横幅をカスタマイズしてみた

Seesaa ブログに画像を張り付けると、はみ出してしまうことが多い。というか今時、PCの横幅が約800ピクセルって少なくね?

じゃあ幅を広げてしまえ。ということで、やり方をメモ。

続きを読む Seesaaブログのテンプレートの横幅をカスタマイズしてみた

Windroyを入れてみる

Windroyを入れてみたのでメモ

 

ベクターにあるのでDL。
あとは普通にインストールすれば起動する。
超簡単。
googleplayが使いたいときは、
root/system/appに
com.android.vending-4.5.10.apk(ググれば出てくる)
を入れて再起動すればOK。

 

しかし、
お使いの端末はこのバージョンに対応していません
と出るのが多数。

 

なんとか方法を考えようとしたが、無理みたいだ。
安いAndoroid端末を買った方が早い気がする。

Blenderで遊ぶ -レンダリング時間を短縮する-

無料なのにものすごい機能のBlender。色々と遊ぶのには最適なツール。

しかし機能がありすぎて使いこなせていない。複雑なオブジェクトを作成すると、どうしてもレンダリング時間が延びてしまう。

少しでも短縮したいときに使えそうなテクニックや設定を解る範囲でメモっておいた。

※間違っている可能性や見当違いな事を言っているかもしれない。鵜呑みにしてはいけない。公式サイトのドキュメント熟読を推奨。

続きを読む Blenderで遊ぶ -レンダリング時間を短縮する-