ソフトボディの寸法が天文学的数値にぶっ飛ぶ件

Blenderの個人的メモ
なお、正確性は無いので参考程度に

 

※2.76b日本語環境

 
 

ソフトボディのパラメータはざっくりメモると

 

ばね
引く/押す:上げると弾力アップ。押すを上げるとはんぺん、引くを上げると厚揚げのような感じになる。
減衰:上げると衝突時の挙動が変化。上げると衝突時の変形が少なくなるようだ。
プラスチック:上げると不可逆変形する。
曲げ:上げると固くなる。
長さ:微調整っぽい。

 

右側の項目は、イジると計算量が大幅に増えるのでそのままの方が良いっぽい。

 
 

ここで、表題の件
数値を大きく取りすぎると、60フレームあたりからオブジェクトが消えてしまう現象(寸法が0になったり天文学的数値になったりする)が起きることがある。特に「プラスチック」を上げると出やすいようだ。消えない場合であっても明らかに変な挙動をする時もある。

 

これを解決する方法は以下のとおり
同じ設定ウインドウ内の2段下にある「ソフトボディソルバー」の「エラー上限」の数値を下げる

 
 

何てことない単純なことだが、ハマると抜け出せない系の設定なのでメモっておくことにする。


-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA