ALSの歩行速度がMax Walk Speedで変更できない問題を解決する -UE5のメモ-

超高機能かつ基本無料ライセンスのアンリアルエンジン。

このアプリ、かなり遊べる。ぶっちゃけ今年一番ハマってるゲームはUE5な勢い(ゲーム違)。

ただ、超高機能すぎ。

設定がどこにあるのかマジで解らぬ・・・というレベルの素人がイジってみて、この設定ここにあったのかぁ

というメモを、ネットに垂れ流すシリーズ。

ALS(Advanced Locomotion System)を実装したキャラを動かした時、UE標準機能では歩行速度を変更できない問題を解決する方法。

ALSという名が良くない

まずこれ。ググりにくい。いや、ググれない。

例えば

ALS 歩行

とかでググると、もう筋萎縮性側索硬化症のページしか出ない。

ALS 歩行 速度

まで入れても筋萎縮性側索硬化症しか出ない。

ALS 歩行 速度 ue4

まで入れても、まだ筋萎縮性側索硬化症が出る。

まぁさすがに、ここまで絞ると10個に4個程度は出てくるが・・・

キャラクタームーブメントの歩行の項目にある Max Walk Speed を変更する

と皆言う。しかしこの手順では、速度変更できないケースが出た。

具体的には「ALSを使う場合」。もっと具体的に実装方法を書くと「ALSを、AnimGraphにリターゲットノードを入れて丸乗っ取りする方法からのAI制御でコントロール」してる。

過去記事
アンリアルエンジン初心者の壁 突破方法のメモ4 挫折しない学習方法編「公式ストアにあるALSv4(Advanced Locomotion System 歩行関連の一式を実装したテンプレ、基本動作部分は無料)のビバンダム君みたいなデフォキャラの上に重ねて丸乗っ取りする」

の件。

Max Walk Speedを変更しても、速度は一向に変化しない(おま環説もある)。いくら数値を入れても速度が変わらぬ。BPに記述して動的にTickでぶっこんでも、どこからか上書きされる。

この問題、結論としては

専用のMovementSystemのテーブルを書き換えればオッケー

ALSの一番上(親)>MovementSystem>MovementModel>データテーブル

のここ

als-walk-speed

元ファイル(MovementModelTable)を開いて、テーブルを追加か複製し、その行に切り替える。

例えばSuperSluggish的なのを作り、LookingDirection の数値を50くらいにすると、歩行速度が超遅くなる(歩幅も調整される、すげぇ)。

この辺いじると色々できそうだが・・・ものすごい時間泥棒感が半端ない。



-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA